※8/17更新[8/21→10/3に延期]丹波「社会的つながり」プロジェクト キックオフイベント

2021年8月17日 市民活動支援センター

(センターの連携・協力プロジェクト)

丹波「社会的つながり」プロジェクトのキックオフイベントが開催されます。

コロナ禍だからこそ・・今、そしてこれからに向けて 丹波市域で人と人、地域での「つながり」について知って、語って、ネットワークを広げる場

[緊急事態宣言発出による開催方法・検討状況について]
(8/17午後10時現在)
・キックオフイベントの延期後の開催日を「10月3日(日)午前10時〜12時」とします。会場は同じく市民プラザです。
(8/17午後5時現在)
・キックオフイベントは延期します(延期日は近日中にお知らせします)。
・つながりを広げ、情報を広く発信、可視化する本プロジェクトの趣旨とコロナ禍での地域づくりの最前線に立たれている参加者のみなさまの状況やお立場も踏まえ、キックオフイベントを緊急事態宣言時に実施するべきではないと判断しました。

(8/17午後1時現在)
・会場である市民プラザ会議室の利用可否が現時点では不透明となっています。
・万が一、市民プラザが利用停止・閉館となれば、会の趣旨から延期とする予定です。
・市民プラザが利用停止とならなかった場合も人数制限やオンラインや会場外フロアでの参加など、参加環境へ工夫を行う予定です。詳細に決まり次第(直前になる可能性があります)お知らせいたします。

コロナ禍にあっても、私たちが暮らしていくために大切な「つながり」。

今こそ、「孤立」や「つながりの損失」を防ぐ、または「つながり」を生み出すための市民の取り組みを丹波市域でつなぎ、広げていこうと、私たちは丹波「社会的つながり」プロジェクトを立ち上げました。

そこで、まずはプロジェクトの趣旨をお伝えしネットワークを広げていくための場として、キックオフイベントを開催します。丹波市内における地域づくりや人と人のつながり、支えあいに取り組む、または関心や課題意識をお持ちの方はぜひご参加ください。

 

日時

2021年8月21日(土)15時~17時ごろ→10月3日(日)10時〜12時ごろ

場所

市民プラザ会議室(丹波市氷上町本郷300番地 ・ 丹波ゆめタウン2F)

定員

30名(申込不要)

内容

①丹波「社会的つながりプロジェクト」の目的と取組概要について
呼びかけ実施主体からプロジェクトの説明、連携・協力組織等から応援メッセージ

②丹波市内における「社会的つながり」づくりに向けたチャレンジ事例
本プロジェクトが広げ、伝えていきたい取り組み紹介
[ゲストスピーカー]
・後藤 光さん(丹波市子ども・若者サポートセンター センター長)
・打田哲夫さん(氷上町 沼貫地区自治振興会 会長)

③参加者全員でのグループ交流
参加者各々が知っている丹波市における「社会的つながり」に向けた取り組み事例、課題や取り組みアイデアを出し合うなどの交流。

丹波「社会的つながり」プロジェクトとは

コロナ禍が長期化する中、孤立する人々を含む市民が支え合うための「社会的つながり」を地域に生み出すことが重要になってきていますが、丹波市域ではこれまでも社会的孤立を防ぎ、または解消するために地域で支えあう様々な活動を生み出し、取り組んできています。それらの情報や成果・課題・価値を収集・記録し「地域自治の共有財産」として公開、市民ぐるみで応援し「社会的つながり」を多く生み出す地域づくりにつなげていく一連の取り組み(ムーブメント)として、本プロジェクトを展開していきます。

主催: NPO法人丹波ひとまち支援機構(たんえん)
連携・協力 (社福)丹波市社会福祉協議会/(株)ご近所/丹波市市民活動支援センター・人権啓発センター・男女共同参画センター

問合先:NPO法人丹波ひとまち支援機構(たんえん)office@tam-en.org
電話でのお問合せは丹波市市民活動支援センター 0795-82-8683(月曜休)

プロジェクトポータルサイトもチェック! tamba-tsunagari.net